民事再生借金問題解決サイト

債務整理、借金整理の手続きの中で民事再生とは、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1(最低弁済額100万円)まで減額し、原則3年、最大で5年かけて分割払いで返済する計画を立て、返済すれば住宅ローン以外の借金が全額免除される制度です。
自己破産」との大きな違いは、住宅ローン特則を使うことができればマイホームを維持しながら債務整理をすることができます。

ごあいさつ
申立要件
小規模個人再生
給与所得者等再生
不動産担保ローン
住宅ローン
民事再生Q&A
自己破産
任意整理
時効援用
相続放棄
事務所報酬
事務所概要
相互リンク
サイトマップ

東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
itabashisugiyama@yahoo.co.jp
司法書士 杉山 浩之
 東京司法書士会 
 登録番号 4396号
 認定番号 901010号



民事再生Q&ANO6


住宅ローンを組まれている方が、住宅を守りながら債務整理をする方法として、民事再生と任意整理が考えられます。民事再生は、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1まで減額する方法です。

しかし、民事再生は、借金問題解決の方法です。

そこで、民事再生Q&Aを作成しました。

ご参考にしてください。


Q6.住宅ローンの支払いが3ケ月滞納しております。このような場合であっても民事再生はできますか?

A6.民事再生は、住宅ローンが保証会社に代位弁済されてから、6ケ月以内に申立をする必要があります。
   
   代位弁済されてから、6ケ月以内に民事再生の申立をすれば、住宅ローン債権が、代位弁済した
   保証会社から、当初の住宅ローン債権者に巻き戻しされ、住宅資金特別条項を使うことが
   可能になります。

   しかし、保証会社に代位弁済されて6ケ月以内であったとしても、強制競売される可能性があります。

   また、保証会社に代位弁済されて6ケ月以内に民事再生の申立をして、住宅ローンが、当初の
   住宅ローン債権者に巻き戻しされても、手続きの中で、住宅ローン債権者の意見も尊重されますので、
   住宅に、税金の滞納による差押がされている場合には、民事再生が、難しくなることも考えられます。

   住宅ローンは滞納しないことがベストです。








民事再生について、不明な点がございましたら、お電話ください。
事務所名 司法書士杉山事務所
事務所所在地 〒173-0001
          東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 登録番号4396号  認定番号901010号
アクセス    都営三田線 板橋本町駅 徒歩1分


ページトップ