民事再生借金問題解決サイト

債務整理、借金整理の手続きの中で民事再生とは、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1(最低弁済額100万円)まで減額し、原則3年、最大で5年かけて分割払いで返済する計画を立て、返済すれば住宅ローン以外の借金が全額免除される制度です。
自己破産」との大きな違いは、住宅ローン特則を使うことができればマイホームを維持しながら債務整理をすることができます。

ごあいさつ
申立要件
小規模個人再生
給与所得者等再生
不動産担保ローン
住宅ローン
民事再生Q&A
自己破産
任意整理
時効援用
相続放棄
事務所報酬
事務所概要
相互リンク
サイトマップ

東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
itabashisugiyama@yahoo.co.jp
司法書士 杉山 浩之
 東京司法書士会 
 登録番号 4396号
 認定番号 901010号



任意整理Q&ANO3


住宅ローンを滞納し、保証会社に代位弁済されてから6ケ月以内の民事再生の申立をしなければいけません。

また、民事再生では、保証人がついている借金や、会社からの借金などすべての借金を債務整理しなければいけません。

任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士、認定司法書士、もしくは個人で、消費者金融、信販会社等と直接交渉し、原則、これからの将来利息をカットした上で月々の返済金額を下げた和解契約を締結し、分割返済することを言います。

たとえば、貸金業者との29.2%の利息で契約されている場合利息制限法の範囲内の利息(15%から20%)に引き直しをして借金を減額します。

利息制限法への利息の引き直しで、過払い金が発生していることもありますが、デメリットもあります。

そこで、任意整理Q&Aを作成しました。

Q3.ショッピングによる借入がほとんどです。この場合でも、任意整理できますか?

A3.ショッピングは、利息制限法の適用がありませんので、減額されません。

   ただし、将来利息のカットの交渉は出来ます。

   例えば、ショッピングで100万円の借金がある場合、利息18%であれば、
   年間18万円の利息をカットすることができます。

   今まで、利息に取られていたため、借金がなかなか減らなかったことを考えれば、
   残金が減らないとしても、任意整理をすべきと考えます。

   ただし、ショッピングで、パソコンなどを購入した場合、任意整理をした場合、業者から、引き上げを要求
   されることもあります。

   自己破産、民事再生などの債務整理では、任意整理以上に、業者から、引き上げを要求されます。

   今後、任意整理して将来利息カットしなかった場合の状況を考えて、任意整理を選択されるべきだと
   考えます。

   詳しくは、お電話にてご相談ください。



任意整理について、不明な点がございましたら、お電話ください。

事務所名 司法書士杉山事務所

事務所所在地 〒173-0001

          東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町

TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462

所属司法書士 司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 登録番号4396号  認定番号901010号

アクセス    都営三田線 板橋本町駅 徒歩1分



ページトップ