民事再生借金問題解決サイト

債務整理、借金整理の手続きの中で民事再生とは、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1(最低弁済額100万円)まで減額し、原則3年、最大で5年かけて分割払いで返済する計画を立て、返済すれば住宅ローン以外の借金が全額免除される制度です。
自己破産」との大きな違いは、住宅ローン特則を使うことができればマイホームを維持しながら債務整理をすることができます。

ごあいさつ
申立要件
小規模個人再生
給与所得者等再生
不動産担保ローン
住宅ローン
民事再生Q&A
自己破産
任意整理
時効援用
相続放棄
事務所報酬
事務所概要
相互リンク
サイトマップ

東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
itabashisugiyama@yahoo.co.jp
司法書士 杉山 浩之
 東京司法書士会 
 登録番号 4396号
 認定番号 901010号



住宅ローン


住宅ローンを組まれている方が、住宅を守りながら債務整理をする方法として、民事再生と任意整理が考えられます。

民事再生は、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1まで減額する方法です。

しかし、住宅ローンを滞納し、保証会社に代位弁済されてから6ケ月以内の民事再生の申立をしなければいけません。

なお、住宅ローン以外の融資が後順位に抵当権、根抵当権等として登記されている場合には、民事再生の申立はできません。

小規模個人再生では、@住宅ローン借金の5分の1(最低でも100万円)、A総資産、いずれか大きい金額を、給与所得者等民事再生では、@Aに加えて、B可処分所得2年分、いずれか大きい金額を支払っていく手続きであるため、小規模民事再生では、A総資産、給与所得者民事再生(小規模民事再生を選択できない場合)では、Aに加えてB可処分所得2年分が多い方は、住宅ローン以外の借金がさほど減額されないこともあります。

具体的には、A住宅ローンを長く返済を続け、住宅の査定価値がオーバーローンにならない場合や、長く勤務を続け退職金見込み額が多い方、生命保険解約返戻金見込み額等が大きい場合には、総資産が大きくなることが予想されます。

B給与が比較的多く、扶養家族が少ない方は、可処分所得が大きくなることが予想され、住宅ローン以外の借金がさほど減額されないこともあります。

このように、民事再生でも、借金が減額されない場合、住宅を維持しながら債務整理をする方法としては、任意整理になります。










民事再生について、不明な点がございましたら、お電話ください。
事務所名 司法書士杉山事務所
事務所所在地 〒173-0001
          東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 登録番号4396号  認定番号901010号
アクセス    都営三田線 板橋本町駅 徒歩1分



ページトップ